犬を想像してみてください。見えた?僕には見えない。心に何も思い描くことができないのはこんな感じです。

「犬を想像してみてください。見えた?僕には見えない。心に何も思い描くことができないのはこんな感じです。」という記事をご紹介します。

少し長い記事ですが、非常に面白い話です。

モジラ・ファイアフォックス(インターネット・ブラウザー)の共同創設者であるブレーク・ロス(Blake Ross)が、自分の「アファンタジア」(心に物事を視覚化することができない障がい)について語る記事です。

全部読む時間がなければ、“Here are the top 20 questions I’ve gotten from friends and family”までスクロールダウンして、これだけでも読んでみてください。

>>Imagine a dog. Got it? I don’t. <<
>>Here’s what it’s like to be unable to visualize anything.<<

***

日本語での関連記事が読みたい方は、こちらの記事をご覧ください。

頭の中で人物や風景を思い描くことができない「Aphantasia(アファンタジア)」とは?

目を閉じて砂浜に沿って歩きながら、太陽が昇る風景を想像したとき、ほとんどの人は簡単に頭の中にイメージを思い浮かべることができますが、エクセター大学、ヘリオット・ワット大学、エジンバラが発表した合同研究によると、一部の人たちは自らの想像やイメージを視覚化できないことがあるとのこと。研究ではその状態を「アファンタジア」と呼んでいます。*


スポンサー


具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ


シンプルに考える

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。