日本のペット犬が減っているのはなぜ?

海外のニュースで日本の少子化問題はよく取り上げられますが、今日のウォール・ストリート・ジャーナルでは、“Japan’s Dog Population Also Shrinking”という記事で、日本の犬の頭数も減少していることについての報道がありました。

この5年の間に、人間の人口は0.8%減っていますが、ペットフード協会の統計によると、ペット犬の数は13%減っているとのことです。具体的な数字を言うと、1,186万匹(2010年)から1,034万匹(2014年)まで減少しているそうです。

飼育率が減少している主な理由として、

  • 自分が住んでいるマンション等ではペットが禁止されている(25%)
  • 十分なケアーができない(25%)
  • 自分が高齢で、自分よりも犬が長生きする可能性が高い(17%)

しかし、犬の飼育率が減少している一方で、同じ期間に、犬ほど手がかからない猫の飼育率は4%ほど増加しているそうです(およそ996万匹に達しています)。

この英語記事は短い記事ですので、ざっと読んでみてください。

ちなみに、私の家族は犬(ミニチュア・ダックスフンド)を飼っていますが、how about you?

スポンサーリンク


ペットクラブ ペット用バリカン全身カット用

関連記事

“Japan’s Dog Population Also Shrinking”

ペットフード協会の全国犬猫飼育実態調査(平成25年)

***

スポンサーリンク

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。