笑わせてくれる新聞『ジ・オニオン』

The Onion(ジ・オニオン)という新聞をご存知ですか。私がフェイスブックを開くたびに、必ずと言っていいほど、何人かの友人はこの新聞の記事のリンクを載せています。It usually makes me laugh. 多くの場合は笑わせてくれます。

なぜかと言うと…

ジ・オニオン(英語: The Onion)は、米国の風刺報道機関。米国内外および各地域の風刺的なニュースを発信し…

『ジ・オニオン』の記事は、伝統的な新聞のパロディの形を取っており、社説、街頭インタビュー(英語版)、株式市況を掲載し、伝統的な新聞のレイアウトにAP通信風の論説欄を持つ。掲載されるユーモア記事のほとんどは、ニュース種になるような日々の事件に基づいているか、よく使われる言い回しのもじり(たとえば見出しを “Drugs Win Drug War”〔麻薬との戦い 麻薬が制する〕にするなど)である。

The Onionの最近の“ニュース”記事を御覧になればその面白さが分かるかも知れません。(アメリカ人のひねくれたユーモアの結集ですので、全然面白くないと思われる可能性もありますけどね。)

***

スポンサーリンク


100万人が笑った! 「世界のジョーク集」傑作選

***

いずれにしても、誰が見ても面白いのは、The Onionの風刺的なニュースが本当のニュースだと思ってしまう人の話です。一般の人のみならず、国の報道機関までが勘違いしてしまうことがしばしばあります。

今日は、そういった例を紹介して、The Onionの面白さ・おかしさを味わってください。

関連記事

ジ・オニオン(ウィキペディア)

The 100 Greatest Headlines from ‘The Onion’

スポンサーリンク


72歳はとバス名物ガイドが教える 使える!通じる! おやじギャグ英語術

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。