1日8時間労働が健全か不健全か

1日8時間労働。1日8時間勉強。どう思いますか。

長いですか。短いですか。ちょうどいいと思いますか。

休憩はどれぐらいの頻度がいいですか。休憩の理想的な長さとは?それとも、ほぼ休憩無しでもいいですか。

義務付けられている労働時間が当たり前だと考えていますか。それとも、(なぜか)不自然、不健康だと感じますか。


スポンサー


学校では教えてくれない大切なこと 8 時間の使い方


1日8時間労働について考えましょう

検索すれば、当たり前として考えられてきた「八時間労働制」をチャレンジしている方が多いのです(例えば、下の関連記事を参照)。様々な理由が挙げられていますが、ここでは、その幾つかの理由を提示している解説画像(Infographic*)をご紹介します。簡潔で分かりやすいのです。

*Infographic = インフォグラフィック、情報画像、解説画像、分析画像

「1日8時間働かなければいけないのか」解説画像の項目

  • “Where did it come from?” 八時間労働制はどこから来たのか。
  • “Why doesn’t it work?” 八時間労働制がなぜおかしいのか。
  • “What’s the best pattern for working?” 最適の労働時間・労働リズムはなんですか。

では、次のインフォグラフィックを読みながら、自分や周りの方々にとってのベストな労働時間・労働リズムを考えてみましょう。

8 Hour Work Day

インフォグラフィックを作ったサイト

インフォグラフィックの参考文献はこちら

他の関連記事

「そもそも1日8時間労働自体が長い」に賛同の声 「週4で6時間勤務が理想」「人間は働き過ぎ」

The Origin of the 8 Hour Work Day and Why We Should Rethink It


スポンサー


まんがでわかる 7つの習慣

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。