哲学の小さな歴史・A Little History of Philosophy

哲学に興味がありますか?

英語で読書をしていますか?

この両方の質問に “Yes” と答えた方には、ナイジェル・ウォーバートン氏の A Little History of Philosophy(哲学の小さな歴史)をお勧めしたいと思います。



A Little History of Philosophy


僕はこの本のオーディオ・ブック(オーディブル)を聴き終わったところです。通勤等の時に聴きやすい・分りやすい「哲学書」が聴きたくて購入しましたが、大当たりでした。

特に、次の理由でお勧めします。

  • おそらく、高校レベレの英語ではないかと思います。哲学のことですので、例えネイティブ・スピーカーであっても、なるべく分かりやすい文章になっていてほしいのです。英語が母国語でなければ、なおさらのことですよね。
  • 多くの章は10分〜12分で読めてしまいます。私にとってはちょうどいい長さでした。
  • 何よりも、「この入門書を読んで、それぞれの哲学者・思想家の代表作を(もう一度)読みたくなるか」という問いを基準にすると、the answer is easily “Yes.”
  • 40の短い章によって構成されていますが、好きな順番で読んでもかまいません。というのは、最初から最後まで読まなければ理解できない本ではありません。そして、結局は数章しか読まなくても、この本を手に取る価値があると思います。

さて、A Little History of Philosophy の内容ですが、次の哲学者・思想家について面白く学べます。(普通の速さで声に出して読むとしたら、それぞれの章を読むのにかかる時間も書いておきました。)

  1. Socrates and Plato・ソクラテスとプラトン(15:28)
  2. Aristotle・アリストテレス(12:23)
  3. Pyrrho・ピュロン(12:31)
  4. Epicurus・エピクロス(11:38)
  5. Epictetus, Cicero, Seneca・エピクテトス、キケロ、セネカ(11:33)
  6. Augustine・アウグスティヌス(12:20)
  7. Boethius・ボエティウス(11:28)
  8. Anselm and Aquinas・アンゼルムとアクィナス(10:14)
  9. Niccolò Machiavelli・ニッコロ・マキャヴェッリ(11:52)
  10. Thomas Hobbes・トマス・ホッブズ(9:28)
  11. René Descartes・ルネ・デカルト(13:56)
  12. Blaise Pascal・ブレーズ・パスカル(12:25)
  13. Baruch Spinoza・バールーフ・デ・スピノザ(9:49)
  14. John Locke and Thomas Reid・ジョン・ロックとトマス・リード(10:39)
  15. George Berkeley (and John Locke)・ジョージ・バークリー(とジョン・ロック)(12:07)
  16. Voltaire and Gottfried Leibniz・ヴォルテールとゴットフリート・ライプニッツ(11:32)
  17. David Hume・デイヴィッド・ヒューム(11:20)
  18. Jean-Jacques Rousseau・ジャン=ジャック・ルソー(8:49)
  19. Immanuel Kant (1)・イマヌエル・カント①(9:28)
  20. Immanuel Kant (2)・イマヌエル・カント②(10:41)
  21. Jeremy Bentham・ジェレミ・ベンサム(9:29)
  22. Georg W.F. Hegel・ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル(12:06)
  23. Arthur Schopenhauer・アルトゥル・ショーペンハウアー(10:40)
  24. John Stuart Mill・ジョン・スチュアート・ミル(12:11)
  25. Charles Darwin・チャールズ・ダーウィン(13:26)
  26. Søren Kierkegaard・セーレン・キェルケゴール(10:16)
  27. Karl Marx・カール・マルクス(10:52)
  28. C.S. Peirce and William James・チャールズ・サンダース・パースとウィリアム・ジェームズ(13:13)
  29. Friedrich Nietzsche・フリードリヒ・ニーチェ(9:06)
  30. Sigmund Freud・ジークムント・フロイト(11:58)
  31. Bertrand Russell・バートランド・ラッセル(12:33)
  32. A.J. Ayer・アルフレッド・エイヤー(10:38)
  33. Jean-Paul Sartre, Simone de Beauvoir and Albert Camus・ジャン=ポール・サルトル、シモーヌ・ド・ボーヴォワール、アルベール・カミュ(11:31)
  34. Ludwig Wittgenstein・ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン(9:56)
  35. Hannah Arendt・ハンナ・アーレント(10:45)
  36. Karl Popper and Thomas Kuhn・カール・ポパーとトーマス・クーン(14:39)
  37. Philippa Foot and Judith Jarvis Thomson・フィリッパ・フットとジュディス・ジャー ヴィス・トムソン(10:24)
  38. John Rawls・ジョン・ロールズ(10:31)
  39. Alan Turing and John Searle・アラン・チューリングとジョン・サール(8:23)
  40. Peter Singer・ピーター・シンガー(13:09)

著者のことですが、こういう方だそうです。

ナイジェル・ウォーバートン(Nigel Warburton, 1962年 – )は、イギリスの哲学者。一般向けの哲学解説者としてよく知られており、入門書を数多く書いている。また、美学と応用倫理学の専門的業績もある。

ウォーバートンはブリストル大学から学士号を、ケンブリッジ大学ダーウィン・カレッジから博士号を授与された。その後、ノッティンガム大学で講師を務めたのち、1994年からオープン大学哲学科で教鞭をとっていた。しかし、2013年5月に同大学上級講師を辞職した。*

(ちなみに、私が聴いたオーディオ・ブックはイギリス英語での朗読でした。)

A Little History of Philosophy の他に、日本語訳では

等もあります。


読者へのお願い。アマゾンで買い物をする際、『好きこそ物の上手なれ』を思い出してくださり、当サイトのスポンサー・リンクからアマゾンをアクセスしてくださると感謝です!皆様にとっては商品の値段は全く変わりません。しかし、当サイトのリンクからアクセスしてくださると、たとえ何を購入しても、当サイトはアマゾンから紹介料をいただくことになりますので、大きな励みとなります。I greatly appreciate your support in this way!

スポンサー

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。