日本はなぜ銃による暴力がほとんどないのか

銃乱射事件が非常に多いアメリカ等と違って、日本はなぜ銃による暴力がないに等しいのか。具体的な理由を挙げるとしたら、どういう理由になるだろうか。

もちろん、銃に対する考え方の根本的な違いもあるが、「具体的な理由」と言うならば、やはり、規制の違いが大きい。というのは、日本で銃のパーミット(許可証)を取ることは可能だが、アメリカ人から見れば、それは非常に難しい。

“Japan Is Showing the Rest of the World How to Deal With Gun Violence”(日本は世界に見せている:どのようにして銃による暴力を取り扱ったら良いのか)という記事は、そのプロセスについて説明している。

Applying for a permit requires completing a class on gun laws and safety and passing a written comprehension test. Applicants must fill out a number of forms that document family background and work. They must have a medical certificate that verifies their mental health. They need to undergo a criminal background check. They must go to a full-day training course that involves instruction on handling, and complete a shooting test. Only after doing all this can someone obtain a three-year permit and purchase a gun.

ほとんどの日本人にとって、これは当たり前のことばかりかも知れない。しかし、アメリカのような銃社会に住んでいる人にとっては、これは驚くべきプロセスだと思う。

アメリカと日本の銃規制の違いや、考え方の違い等についてアメリカ人に説明するためには、この記事はなかなか役に立つかも知れない。

よろしければお読みいただき、友だちにシェアしてください。

関連記事

銃乱射にマヒしている我が国、アメリカ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。