3つの無料公開講演 in 東京(2016年12月)米中関係・禅哲学・中国海軍の拡張

関東周辺で計画されている公開講演・講座・ボックトークなどの情報を収集しています。

英語で行われているイベントは他にもたくさんありますが、今日は、テンプル大学、現代アジア研究所Institute of Contemporary Asian Studies = ICAS)主催のパブリックレクチャーの情報をシェアしたいと思います。

今月(12月)後半は、以下の公開講演が開催される予定です。

米中関係の展望

2016年12月16日(金)19:30時(開場は19時)
“The Outlook for Sino-American Relations”
スピーカー:Graham Webster(イェール・ロー・スクール)
講演の詳細

Graham Webster is a Senior Research Scholar in Law; Senior Fellow, the Paul Tsai China Center; and Lecturer in Law at Yale Law School. He researches U.S.–China relations, East Asian politics and international relations, and technology and society. (イェール・ロー・スクールの教員ページより)

否定を通しての肯定:禅、人生哲学、性欲、無限の愛

2016年12月19日(月)19:30時(開場は19時)
“Affirmation via Negation: Zen, Philosophy of Life, Sexual Desire, and Infinite Love” 
スピーカー:Michiko Yusa・遊佐道子(西ワシントン大学)
講演の詳細

Michiko Yusa (Ph.D., University of California, Santa Barbara) is Professor of Japanese and East Asian Studies in the Department of Modern and Classical Languages and the Center for East Asian Studies at Western Washington University. Her areas of expertise are religious philosophy, Nishida philosophy (西ワシントン大学の教員ページより)

中国海軍の拡張と世界の安全保障

2016年12月20日(火)19:30時(開場は19時)
“China’s Naval Expansion and Global Security”
スピーカー:James E. Fanell (ジュネーブ安全保障政策研究所)
講演の詳細

Captain James E. Fanell retired from the U.S. Navy in January 2015 concluding a nearly 30 year career as a naval intelligence officer specialising in Indo-Asia Pacific security affairs, with an emphasis on the Chinese navy and its operations. His most recent assignment was as the Director of Intelligence and Information Operations for the U.S. Pacific Fleet. . . . (Geneva Centre for Security Policy = GCSPで続きを読む

*現代アジア研究の公開講演は無料で、「参加登録はなしでも参加できます」となっているようです。とは言え、前もってメールで登録するようにと勧められています。また、会費に関しても、念のため、予め確認することをお勧めします。

***

アマゾンのスポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。