野茂英雄からイチロー・スズキまで、メジャー・リーグへ飛んで行った7人の有名な日本人選手

アメリカ大リーグ(MLB)で活躍してきた日本人選手と言えば…

米紙ニューヨーク・デイリー・ニューズに、「村上氏、アフター・ユー、お先にどうぞ:野茂英雄からイチロー・スズキまで、メジャー・リーグへ飛んで行った7人の有名な日本人選手」(私訳)と題した記事が載っています。

この記事は、51年前、日本人初のメジャー・リーグ選手となった村上雅則(サンフランシスコ・ジャイアンツ、1964-1965)を紹介した上で、次の選手を短く紹介しています。

  • 鈴木一朗(2001-2014、マリナーズ。2012-2014、ヤンキース。2015-、マーリンズ)
  • 田中将大(2014-、ヤンキース)
  • ダルビッシュ有(2012-、レンジャーズ)
  • 上原浩治(2009-2011、オリオールズ。2011-2012、レンジャーズ。2013-、レッドソックス)
  • 松坂大輔(2007-2012、レッドソックス。2013-2014メッツ)
  • 松井秀喜(2003-2009、ヤンキース。2010、エンゼルス。2011、アスレチックス。2012、レイズ)
  • 野茂英雄(1995-1998、2002-2004、ドジャース。1998、メッツ。1999、ブルワーズ。2000、タイガース。2001、レッドソックス。2005、デビルレイズ。2008、ロイヤルズ)

どうぞ、“After you, Mr. Murakami: From Hideo Nomo to Ichiro Suzuki, seven big-name Japanese players to make the jump to the majors” をお読みください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。