歴史上「最も偉大な哲学者」だと思われている人たちはそれほど偉大だったのか

“The greatest philosophers” と考えたとき、大抵の人が思いつくのは昔の哲学者のことです。それは一体なぜでしょうか。

そして普段、人類の歴史上「最も偉大な哲学者」だと思われている哲学者たちは本当にそれほど偉大だったのでしょうか。

哲学関連の情報やニュースをテーマとしているDaily Nousというサイトで、オクスフォード大学で研究しているある方がちょっとした思考実験(a simple thought experiment)を綴っています。

ごく単純に言うと、人口統計的に考えたら、古代のみならず、今現在生きている数多くの人がソクラテスやプラトンなどに劣らない知能・能力をもっているはずだと言うのです。なのに現在は、なぜそういう人たちが昔ほど現れていないのでしょうか。

ここでその結論だけを引用しますが、時間のあるときAre History’s “Greatest Philosophers” All That Great?を読んでみてください。

If I am right, philosophy now is vastly richer than classical Greece, the age of reason, or any other golden age we care to name: far more (and more able) philosophers with much greater ability to collaborate and learn from one another, a wider understanding of the world around us, a long history of our predecessors who have cleared the way before us, and much else besides. Many, perhaps most, universities boast a philosophy department that puts the Lyceum or the Academy to shame. Although our chances of becoming a ‘great philosopher’ have fallen, our chances of getting to the truth have risen. If Plato could have traded the former for the latter, he would have done so joyously. [全文を読む]

***

アマゾンのスポンサーリンク


論理的思考力を鍛える33の思考実験

スポンサーリンク
スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。